2009年12月16日

留守居

留守居(るすい)は、江戸幕府および諸藩に置かれた職名のひとつ。御留守居とも呼ばれる。諸藩の江戸留守居役は御城使とも言われ、江戸武鑑でもほぼ『城使』と表記される。但し、後述のように徳川御三家の江戸留守居は『城附』と表記される他、江戸幕府の老中や側用人などの要職者が藩主である藩の場合は『公用人』と表記される例外はあった。 幕府公認の留守居組合をつくって情報交換をしており、いわば諸藩の外交官であった。 なお少数ではあるが藩主不在中の江戸藩邸の警備責任者たる留守居と、連絡折衝役たる御城使を分けて設置する藩も存在した。留守居の副官・補佐役を留守居添役と呼ぶことが多い。幕府の留守居幕府における留守居は、老中の支配に属し、大奥の取り締まりや通行手形の管理、将軍不在時には江戸城の留守を守る役割を果たした。役高は5,000石で旗本から選任され、旗本で任じられる職では最高の職であった。初期はまとめ役である「大留守居」が設置され、旗本でも最高位の格式が与えられた。だが、将軍が江戸城から外出する機会が減少した事と幕府機構の整備による権限委譲によってその地位は低下して、元禄年間前後には長年忠勤を尽くした旗本に対する名誉職と化した。なお、似たような名前の職に留守居番(るすいばん)がある。これは留守居と同様老中に属し、宿直により大奥の警備、奥向きの用務を取り扱った。概ね1000石の旗本が任じられた。留守居とは同僚ではあるが、直接上下関係はなかった。諸藩の留守居多くの諸藩留守居は物頭級(小藩にあっては番頭級)の有能な家臣から選ばれた。また、一部の藩では家老、用人、側用人が兼務する場合もあった。なお、江戸武鑑上では全ての藩で用人より下座扱いである。留守居は藩主が江戸藩邸にいない場合に藩邸の守護にあたったほか、藩主が江戸在府中であっても御城使として江戸城中蘇鉄の間に詰め[1]、幕閣の動静把握、幕府から示される様々な法令の入手や解釈、幕府に提出する上書の作成、を行っていた。更に江戸時代は「礼儀三百威儀三千」とも言われるほどで、前例に従って落ち度のない事が第一と考えられており、それに資する先例を捜査するために留守居組合[2]にて他藩の留守居と情報交換を行った。また自藩の本家(本藩)・分家(支藩)との連絡・調整に当たるのも留守居の役目であった。幕府が諸藩の留守居役による暗躍・工作活動を嫌い江戸城登城を禁止した時期も数次に及ぶが、不便であるためまたすぐに解禁されるなどしていたことは、その微妙な立場を物語っている。留守居の情報交換は藩の財政を無視して遊郭や料亭などで頻繁に行われたため、財政難に苦しむ各藩の国許や勘定方からは怨嗟の眼差しで見られた。なお、京都・大坂・長崎に屋敷を持つ諸藩ではそれぞれに留守居が置かれることが多かった[3]。脚注^ 徳川御三家の留守居は城附と呼ばれ、一般の大名家留守居と異なり、毎日江戸城御殿に詰める特権を有し、表向のうちでも中奥に近い場所に部屋を与えられていた。^ 留守居組合には、同席組合のほか、大名の親類関係による近親組合や江戸屋敷の立地による近所組合などが存在した。^ 西国諸藩が長崎の蔵屋敷に置いた留守居は聞役と呼ばれ、当時唯一の海外の窓口であった長崎で情報収集や国元との連絡等を務めた。 「http://ja.wikipedia.org/wiki/%E7%95%99%E5%AE%88%E5%B1%85」より作成カテゴリ: 江戸幕府 | 藩隠しカテゴリ: 日本の歴史関連のスタブ項目留守居(るすい)は、江戸幕府および諸藩に置かれた職名のひとつ。御留守居とも呼ばれる。諸藩の江戸留守居役は御城使とも言われ、江戸武鑑でもほぼ『城使』と表記される。但し、後述のように徳川御三家の江戸留守居は『城附』と表記される他、江戸幕府の老中や側用人などの要職者が藩主である藩の場合は『公用人』と表記される例外はあった。 幕府公認の留守居組合をつくって情報交換をしており、いわば諸藩の外交官であった。 なお少数ではあるが藩主不在中の江戸藩邸の警備責任者たる留守居と、連絡折衝役たる御城使を分けて設置する藩も存在した。留守居の副官・補佐役を留守居添役と呼ぶことが多い。幕府の留守居幕府における留守居は、老中の支配に属し、大奥の取り締まりや通行手形の管理、将軍不在時には江戸城の留守を守る役割を果たした。役高は5,000石で旗本から選任され、旗本で任じられる職では最高の職であった。初期はまとめ役である「大留守居」が設置され、旗本でも最高位の格式が与えられた。だが、将軍が江戸城から外出する機会が減少した事と幕府機構の整備による権限委譲によってその地位は低下して、元禄年間前後には長年忠勤を尽くした旗本に対する名誉職と化した。なお、似たような名前の職に留守居番(るすいばん)がある。これは留守居と同様老中に属し、宿直により大奥の警備、奥向きの用務を取り扱った。概ね1000石の旗本が任じられた。留守居とは同僚ではあるが、直接上下関係はなかった。諸藩の留守居多くの諸藩留守居は物頭級(小藩にあっては番頭級)の有能な家臣から選ばれた。また、一部の藩では家老、用人、側用人が兼務する場合もあった。なお、江戸武鑑上では全ての藩で用人より下座扱いである。留守居は藩主が江戸藩邸にいない場合に藩邸の守護にあたったほか、藩主が江戸在府中であっても御城使として江戸城中蘇鉄の間に詰め[1]、幕閣の動静把握、幕府から示される様々な法令の入手や解釈、幕府に提出する上書の作成、を行っていた。更に江戸時代は「礼儀三百威儀三千」とも言われるほどで、前例に従って落ち度のない事が第一と考えられており、それに資する先例を捜査するために留守居組合[2]にて他藩の留守居と情報交換を行った。また自藩の本家(本藩)・分家(支藩)との連絡・調整に当たるのも留守居の役目であった。幕府が諸藩の留守居役による暗躍・工作活動を嫌い江戸城登城を禁止した時期も数次に及ぶが、不便であるためまたすぐに解禁されるなどしていたことは、その微妙な立場を物語っている。留守居の情報交換は藩の財政を無視して遊郭や料亭などで頻繁に行われたため、財政難に苦しむ各藩の国許や勘定方からは怨嗟の眼差しで見られた。なお、京都・大坂・長崎に屋敷を持つ諸藩ではそれぞれに留守居が置かれることが多かった[3]。脚注^ 徳川御三家の留守居は城附と呼ばれ、一般の大名家留守居と異なり、毎日江戸城御殿に詰める特権を有し、表向のうちでも中奥に近い場所に部屋を与えられていた。^ 留守居組合には、同席組合のほか、大名の親類関係による近親組合や江戸屋敷の立地による近所組合などが存在した。^ 西国諸藩が長崎の蔵屋敷に置いた留守居は聞役と呼ばれ、当時唯一の海外の窓口であった長崎で情報収集や国元との連絡等を務めた。 「http://ja.wikipedia.org/wiki/%E7%95%99%E5%AE%88%E5%B1%85」より作成カテゴリ: 江戸幕府 | 藩隠しカテゴリ: 日本の歴史関連のスタブ項目

ウズベク語で日本のニュースを読む
お弁当の知恵
パチンコ攻略
クレジットカード現金化
ライブチャット
posted by タケナカ at 18:24| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。