2010年02月17日

夫婦別姓で千葉法相「亀井氏を説得していく」(産経新聞)

 千葉景子法相は16日の記者会見で、選択的夫婦別姓制を導入する民法改正案に国民新党代表の亀井静香郵政改革・金融相が反対していることについて「亀井大臣のご発言は大変重い。ただ、内容について細かい理解をいただいているか必ずしも定かではない」と述べた。引き続き法案提出への理解を求めていく考えを示した発言だ。

 また、これまでも亀井氏に直接説明してきたとした上で「内閣としての方向付けは、そんなに時間がないので最終的に詰めをしていきたい」とも強調した。

【関連記事】
どうなる?選択的夫婦別姓 千葉法相は前向き 亀井担当相は反対
「反対すれば法案提出困難」 外国人参政権と夫婦別姓で亀井氏
夫婦別姓、子供は同じ姓に統一 法相が検討方針示す
千葉法相「首相は夫婦別姓に消極的ではない」
仙谷vs平野、亀井vs千葉…ゴタゴタ友愛内閣

「大阪は生活保護受けやすい」他の自治体勧める(読売新聞)
<中医協>再診料統一案「690円」で決着 裁定案通りに(毎日新聞)
女流名人に17歳・里見香奈さん、2冠に(読売新聞)
<枝野行政刷新相>4月にも仕分け作業開始 就任会見で抱負(毎日新聞)
【元厚生次官ら連続殺傷 最終弁論(中)】「極悪非道な『ふり』をしているだけ」 弁護人、人間性強調(産経新聞)
posted by タケナカ at 18:57| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。